フローターは春夏秋冬どの時期・季節で使えるのか?

バス釣り用フローター購入ガイド
ホーム > フローターの基礎知識 > フローター釣行が可能な時期・季節

フローター釣行が可能な時期・季節

夏のフローター

夏の池

 朝・夕まずめはトップ、日が昇ってきたらオーバーハングのシェードと、バスの居場所もわかりやすく、フローター釣行で最も釣果が期待できる季節です。

ただし、真夏の水面は直射日光や太陽光の照り返しで、ありえないほど暑い。真昼間になると、一気に体力を奪われるので、帽子・日焼け止め・水分など十分な熱中症対策を忘れずに。

秋のフローター

秋の池

 夏に比べ気温も下がり、人間にとってもバスにとっても過ごしやすい季節。

バスは色んな場所に散っているので、釣り上げるのには夏よりは苦労するかもしれませんが、真夏のような灼熱地獄を味わうこともないので、フローター釣行が一日中満喫できる最高の季節です。

冬のフローター

冬の池

 寒くてバスも口を使わなくなる季節。人間もあまり外に出たくならない時期ですね。そして、「冬もフローター釣行できるのか?」という問に対しては、「全然出来ます!」

ただ、手がキンキンに冷えるぐらい寒いのと、ちょっとお尻が冷たくてトイレが近くなるのと、あまり釣れないという事ぐらいです。それでも、口を使ってくれる元気なデカバスは必ずいるので、これはこれでバス釣りが楽しい時期でもあります。

春のフローター

春の池

 秋同様、バスも人間もようやく活性が上がってくる時期。まだ水温にばらつきがある為、バスも色々な場所をうろついています。

まだ少し寒い時期ではありますが、冬のようにキンキンに冷えた状態ではないので、一日中フローター釣行を楽しめます。