バス釣り用フローターの組み立て方・準備方法

バス釣り用フローター購入ガイド
ホーム > フローターの基礎知識 > フローターの組み立て方

フローターの組み立て方

 この記事では、ゼファーボートのフローター『ZF-158VH』を例に、フローターのおおまかな組み立て方・準備方法について紹介します。

1.フローターのセット内容

フローターの組み立てに必要な道具一式

 フローターを購入すると、以下の一式がセットになっています。

  1. フロントテーブル
  2. フットポンプ(空気入れ)
  3. フローター本体
  4. エアーチェア
  5. サイドバッグ
  6. フロントポール
  7. オール(※オール付きフローターの場合のみ)

 これらを使い、さっそくフローターを組み立てていきましょう!

2.フローター本体に空気を入れる

折りたたまれたフローター

フローターを広げます

フットポンプ(空気入れ)

このフットポンプで空気を入れます。

フローターの空気注入口

フローターの注入口にバルブを差し込み、空気を注入します。

フローターに空気が入った様子

左右二か所の空気を入れます。

※ちなみに、電動ポンプを使う方法もあります。

3.エアーチェアに空気を入れる

フローターのエアーチェアに空気を注入している様子

エアーチェアをフロ―ター本体にはめ込み、空気を注入します。

4.サイドバッグの取り付け

二個並んだサイドバッグ

サイドバッグをフローター本体に取り付けます。

フローターにサイドバッグを取付けた様子

このバッグにルアーケースなどを収納します。

5.フロントテーブルの組み立て・取り付け

二本に分かれたフロントポール

収納しやすいよう二本に分かれています。

一本に結合したフロントポール

結合します。

フロントテーブルとフロントポールをジョイント

メッシュ素材のフロントテーブルを通します。

フロントポールをフローターに取り付けた様子

落下防止の役割があり、ルアー交換作業のテーブルとしても使います。

6.オールの組み立て・取り付け

※オール付きフローターの場合のみ必要な作業です。

三本に分かれたオール

3本に分かれています。

一本に結合したオール

結合します。

オールを取付けたフローター

フローター本体の左右に取り付けます。

7.ロッドホルダー(別売り)の取り付け

※ロッドホルダーは別売りです。

ロッドホルダーを取付けたフローター

複数のタックルを積む場合、別売りのロッドホルダーが必要です。

ロッドホルダーにタックルを二本取り付けた様子

利き手とは逆の後方に取り付けると邪魔になりません。

8.完成

ZF-158VH-Tの正面 ZF-158VH-Tの背面

カンタンでしょ?