最終更新日
記事公開日

「T3 MX」買ったったー! 【レビュー・インプレ】

T3MX

「ダイワ(Daiwa) T3 MX」買いました。

これ凄いっす・・・

6000円で買ったバスワンからの乗換えなので、
違いを体感できるのは当たり前なんでしょうが、
こんなにも軽量ルアーがかっ飛ぶものかと・・・

3/8ozのスピナーベイトから、x-rap(4g)・ソウルシャッド(5g)・ポップX(7g)でも、
バックラッシュすることもなく、気持ちよく飛ばせます。
センコー程度のノーシンカーワームも普通に飛びますし、
少し強めにブレーキ締めれば、スキッピングも当たり前に出来ます。

1/2ozのスピナーベイトに関しては、前のリールと同じ感覚で投げたもんだから、
反対岸をはるかに飛び越えてしまって、相当焦った(汗

Googleマップでその距離測ってみたら23メートルだったけど、
全然ブレーキの余力も残してたし、ラインもナイロンの14ポンドだし、
全力でぶっ飛ばせば、まだまだ飛距離は伸びると思う。

T3MXの飛距離

最近、おかっぱり釣行も多いので、
「タックル一本で済むような幅広い重量のルアーを投げられるリール」
という条件で探したんですが、ぴったりでした。

ちなみに、投げるルアーは巻物中心なので、
ローギアタイプの「1016HL(左巻き)」を買いました。
左巻きの方がキャストした後に持ち替えなくて良いから楽チン!

Daiwa(ダイワ)T3 MX 1016HL-TW(左ハンドル)
Daiwa(ダイワ)T3 MX 1016HL-TW(左ハンドル)
最安値・レビューをチェック

後日、ロッドも買っちゃいました。

BLACK LABEL(ブラックレーベル)

「ダイワ(Daiwa) BLACK LABEL(ブラックレーベル) 661MRB」

ダイワ(Daiwa) ブラックレーベル 661MRB
最安値・レビューをチェック

やはり、ロッドとリールのメーカーは合わせた方が良い!
物理的には微妙な違いなんでしょうが、
体感的に投げやすさとコントロール性能が全然違いました。

しかも、この価格帯のロッドになると重量も軽くなるので、
連続ジャークや一日中スピナーベイトを巻き巻きしてても、
腕が疲れません。

こちらもオカッパリメインということで、
堅さは、軽いルアーから1/2ozぐらいまでバランスよく投げれる「ミディアム」、
長さは、飛距離・コントロール半々ぐらいのバランスの
6.6フィートタイプを選びました。

T3とブラックレーベルを組み合わせたタックル、素晴らしすぎます。
これから長い付き合いになりそうだ。

この記事のURLをコピー

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報

運営者プロフィール
Kaz

熱狂的にフローターを愛す30代半ばの釣り人です。宮崎在住・バス釣り歴15年・フリーのITエンジニアとして働いています。

その他の運営サイト
  • バス釣り用フローター購入ガイド
  • ベイトフィネスリール購入ガイド
  • 実際にバスプロが使ってるロッドとリールの組み合わせを集めたタックルのデータベースサイト
  • 偏光グラスの選び方