ジョイクラフト(JOYCRAFT) フローター比較

ジョイクラフトのフローターは、他社のフローターに比べて圧倒的に軽い!だから、車から池までの距離が遠い時の持ち運びも楽チンです。また、つくりもコンパクトなので、収納力のない自転車やバイクにでも積むことができます。

コンパクトということは、小回りが効きやすく、操作性も高いというメリットがあります。例えば、ボートでは入りにくい狭いオーバーハング下など、際どい所まで近づいて攻めることができるんです。

欠点は、安定性に欠け、進水スピードが遅いこと。小規模な野池にはいいですが、移動距離が多くなるような広いフィールドには向いていません。

写真 特徴
  1. JU-1(2002年発売)
U型フローター JU-1(ジョイクラフト)
  1. JU-1 New(2016年モデル)
U型フローター JU-1N(ジョイクラフト)
  1. JU-1N (2017年モデル) [公式サイト]
JU-1

【管理人おすすめランキングNo.1】

2002年に「U型、1気室モデル」として発売。

以前は、JU-○のように型番の数字が室気数を示していたが、現在、販売されているモデルは全て4気室モデルとなっている為、数字に意味はない。

気室とは、空気を入れる袋の部分。例えば、2気室以上になると、片方がパンクして破けたとしても、もう片方の気室で浮かんでおくことができる為、安全性が高くなる。

2016年に形自体は変わらないものの、4気室・ブラックカラーモデルとして再販された。重量が「5kg」と、非常に軽いU型フローターです。

このU型タイプのフローターは、前方を開いた形にすることにより、O型タイプのフローターの「乗り降りしづらい」という欠点をカバーしたフローター。

しかし、その前方部分のバランスが崩れ、O型フローターに比べると安定性に欠けるという一面がある(安定性が悪いと、操作性が悪くなったり、ランディングやキャストの際にフローターがぐらつく)

JU-1N(2017年モデル) … ニューカラーの「N」?デザイン・サイズに若干の変更はあるものの、機能面などの変更は見当たらない。

U型フローター JU-2(ジョイクラフト)
  1. JU-2(2002年発売)
  2. JU-2G(2005年モデル)
  3. JU-2RE(2005年モデル)
JU-2

「JU-1の2気室モデル」として発売されたU型フローター。現在は廃盤。

JU-2G(本体色:グリーン)JU-2RE(本体色:レッド)

U型フローター JU-2C(ジョイクラフト)
  1. JU-2GC(2005年発売)
  2. JU-2RC(2005年発売)
JU-2C

JU-2に「高機能ハイポジションシート」を搭載したモデル。ジョイクラフトでは、現在、「リジッドフレックス」と呼んでいる。

今では、どのメーカーのフローターも採用している「高圧エアフロア」のことで、シート部分が分厚いエアクッションになっている。

リジッドフレックス(高圧エアフロア)

これにより、座った時のポジションが高くなるので、腰まで水に浸からず、寒くない。また、浮力が高くなるので、移動スピードがアップしたと言われている。

現在は、廃盤。

JU-2GC(本体色:グリーン)JU-2RC(本体色:レッド)

U型フローター JU-2GK(ジョイクラフト)
  1. JU-2GK(2005年発売)
JU-2GK

JU-2に「ダイナキール」を装備したグリーン(G)カラーのモデル。

キールとは?

キールとは、船底に取り付けられたV型のパーツのことで、これが装備されていると、水流を妨げないので、安定性・操作性・スピード性能が高くなると言われています。

実際には体感しにくい部分なんで、絶対必要とも言えないですが、価格が2,000円程度上がるだけですし、付けといて損はないと思います。

現在は、廃盤。

U型フローター JU-3C(ジョイクラフト)
  1. JU-3(2006年発売)
  2. JU-3C(2006年発売)
  3. JU-3CK(2006年発売)
U型フローター JU-3N(ジョイクラフト)
  1. JU-3N (2017年発売) [公式サイト]
JU-3

JU-2の2016年モデル。バルブの位置が変更されるなどのマイナーチェンジが施こされた。JU-3N以外は、廃盤。

JU-3C … 高圧エアフロア搭載JC-3CK … 高圧エアフロア・ダイナキール搭載

JU-3N(2017年モデル) … ニューカラーの「N」?アースブラウンのカラー追加。その他、デザイン・サイズに若干の変更はあるものの、機能面などの変更は見当たらない。

オール付きU型フローター JU-5CK(ジョイクラフト)
  1. JU-5CK(2014年発売)
オール付きU型フローター JU-5N(ジョイクラフト)
  1. JU-5N (2017年発売) [公式サイト]
JU-5

オール付き・高圧エアフロア・ダイナキール搭載のフルスペックのU型フローターです。

重量なんと7.5kg。オール付きフローターの中では、他社と比べても最も軽いフローターです。

JU-5N(2017年モデル) … ニューカラーの「N」?アースブラウンのカラー追加。その他、デザイン・サイズに若干の変更はあるものの、機能面などの変更は見当たらない。

O型フローター JR-1(ジョイクラフト)
  1. JR-1 (2016年発売)
O型フローター JR-1N(ジョイクラフト)
  1. JR-1N (2019年1月発売) [公式サイト]
JR-1

2016年モデルのJU-1と同時に発売されたO型フローター。重量が「4.5kg」と、非常に軽いのが特徴のフローターです。

このO型タイプのフローターは、前後左右すべてがふさがれている為、U型フローターと比べると、「乗り降りしづらい」「狭い」といったデメリットはあります。

しかし、その反面、船体に安定感があり、ランディングやキャストの際にフローターがぐらつきにくいですし、操作性が良く非常に小回りが効きます。

JR-1N … ニューカラーの「N」?チューブ径が1cm大きくなり、重量が0.5kg増加。

O型フローター JR-2C(ジョイクラフト)
  1. JR-2(2004年発売)
  2. JR-2G(2005年モデル)
  3. JR-2RE(2005年モデル)
  4. JR-2C(2005年発売)
  5. JR-2GC(2005年モデル)
  6. JR-2RC(2005年モデル)
  7. JR-2GK(2005年発売)
  8. JR-2CK(2006年発売)
JR-2

JU-2、JU-3のO型モデル。

現在は、廃盤。

JR-2G … ノーマル、本体色:グリーンJR-2RE … ノーマル、本体色:レッド

JR-2GC … 高圧エアフロア、本体色:グリーンJR-2RC … 高圧エアフロア、本体色:レッド

JR-2GK … ダイナキール搭載、本体色:グリーン

JR-2CK … 高圧エアフロア・ダイナキール搭載

オール付きO型フローター JR-5CK(ジョイクラフト)
  1. JR-5CK(2014年発売)
JR-5

オール付き・高圧エアフロア・ダイナキール搭載のフルスペックのO型フローターです。

現在は、廃盤。

オール付きH型フローター JT-7(ジョイクラフト)
  1. JT-7 GS (2019年1月発売) [公式サイト]
JT-7

待望のジョイクラフト版・H型フローター。

H型ならではの抜群の安定性、オール付き・キール搭載でスピードも文句なし。

カタログによると、エレキモーターが使用できるとの事(※未確認)

JT-7 GS … 「GS」は高速電動ポンプとプレッシャーゲージがセットになったモデル。

ハイブリットフローター JFB-175(ジョイクラフト)
  1. JFB-175(2019年1月発売)
JFB-175

フローターとボートのハイブリット型フローター。

釣行時は他のフローターと同様にフィンで細かく動き、移動時は足を水中から出してボートの上に置いてオールで漕ぐ。

フィンが水の抵抗を作らないので、一般的なフローターよりもオールを漕いだときのスピードは早い。

エレキモーターも搭載可能。

ジョイクラフトのフローター スペック比較表(2019年度版)

ジョイクラフトのフローター スペック比較表