バイソンウェーブ(BISONWAVE)フローター比較

2018年7月、フローターの中でも圧倒的人気だったゼファーボートが廃業。

「あの完璧なフローターは、もう買えないのか?」と残念に思っていたところ・・・2019年4月、ゼファーボートと同モデルのフローターが「バイソンウェーブ」から発売されることになりました。

ゼファーボートのフローターが復活!バイソンウェーブ株式会社とは一体・・・[ブログ記事]

ゼファーボートのフローターと同様、値段は少し高いですが、機能性の高さ・広い収納スペース・速いスピードと、高いスペックを備え、小さな野池から中規模なダム湖まで、幅広い用途に利用できます。

写真 特徴
C型フローター BW123C(バイソンウェーブ)
  1. BW123C-T (2019年4月発売) [公式ページ]
BW123C

乗り降りしにくいO型と、形状バランスの悪さからなる不安定なU型の欠点を改善する為に、前方に少しだけ切れ目を入れ、乗り降りもしやすく、バランスも崩さない革新的な形状のフローター。

重量も6kgと軽く、車から池までの距離が遠く重い荷物を運び切れないフィールドにも良いですし、コンパクトに収納が出来るので、自転車やバイクなどで移動して釣行する場合にも良いと思います。小規模野池向けのフローターなら、私が知る限りこれが最強!

欠点はやはりフィンだけの移動になるので、進水スピードが遅いこと。あまり大きな池での釣行には向いていない。あと、体型が大きい人には狭く感じるかも。

V型フローター BW148V(バイソンウェーブ)
  1. BW148V-T (2019年4月発売) [公式ページ]
BW148V

船首をV字の鋭角にしたことで、水の抵抗を最小限にとどめ進水スピードをアップさせたフローター。

しかし、フィンで進水する以上、劇的に早くなるわけではないので、これを買うくらいなら、値段は一万円高くなるが、オール付きのBW148VSKを購入した方が良い。BW148VSKなら、オールが不要な規模の池であれば、取り外しができる。ただ、オール付きを一度乗ってしまうと、普通はいらないとはならない。

座席の後ろにタックルボックスや釣竿といった荷物を少し積めるので、BW123Cに比べて収納力があるのも特徴。

オール付きV型フローター BW148VSK(バイソンウェーブ)
  1. BW148VSK-T (2019年4月発売) [公式ページ]
BW148VSK

BW148VKのV型フローターにオールが付いたタイプ。また、BW145Hとは違い、座席の後ろにタックルを載せられる収納力がある。

軽さ・スピードの早さ・乗り降りのしやすさ・荷物の積載量の多さ、どれを取っても基本性能の高い万能型。

オール付きH型フローター BW145H(バイソンウェーブ)
  1. BW145H-T (2019年4月発売) [公式ページ]
BW145H

抜群の安定性を備えたH型フローター。見た目も良く、オール付きでスピードも文句なし!ただ、収納力の無さがやや残念。

オール付きV型フローター BW158VH(バイソンウェーブ)
  1. BW158VH-T (2019年4月発売) [公式ページ]
BW158VH

【人気No.1】

バイソンウェーブのH型が欲しいなら、これが一番おすすめ。H型の安定感はもちろんの事、座席の後ろにもBW148VSK並の収納力が付いた。

オール付きフローターの中ではNo.1のスピード。また他のフローターよりも着座位置が高いので、フィンの操作性が若干下がるものの、膝下までしか濡れないので、水が冷たい日も快適!