HOOTERS(フーターズ)フローター比較

フーターズのフローター、最大の特徴は「価格の安さ」

形はバイソンウェーブのV型フローターにそっくりですが、バイソンウェーブのおよそ3割近く安い値段で購入できます。

バイソンウェーブのフローターに比べると、「カスタムパーツがない」「安全かどうか心配」という点はありますが、V型フローターならではの強みである「ゆったりしたスペース」「早いスピード」は備えています。

写真 特徴
V型ショートフローター F-120A(HOOTERS)
  1. F-120A (2015年6月1日発売) [公式サイト]
F-120A

非常に珍しいV型ショートタイプのフローター。

形状はU型タイプのフローターに一番似ているが、後方をV字にすることでスピードアップを狙った設計となっている。

ただし船体が不安定な形状の為、転覆には注意が必要です。

コンパクトに収納でき、軽量で持ち運びしやすい。

フィンだけの移動となる為、小さい池での釣行に向いています。

V型フローター F-145A(HOOTERS)
  1. F-145A (2018年5月28日発売) [公式サイト]
F-145A

船首をV字の鋭角にし、水の抵抗を最小限にとどめることで、進水スピードをアップさせたのが、このV型フローター。

スペースに余裕があり、「収納力がある」「体が大きい人でもゆったり乗れる」というメリットがある。

F-120Aと比べると、2kg重くなるのが欠点。

フィンだけの移動となる為、小さい池での釣行に向いています。

オール付きV型フローター F-150A(HOOTERS)
  1. F-150A (2018年5月28日発売) [公式サイト]
F-150A

F-145Aに「オール」と「キール」がついたモデル。

オールが付いているので、フィンだけで漕ぐより大幅にスピードアップ。

また、船底に取り付けられているキールにより、水流を妨げないので、安定性・操作性・スピード性能もアップ。船底も傷つけません。

スピードの早さ・乗り降りのしやすさ・荷物の積載量の多さ、どれを取っても基本性能の高い万能型。

小さな野池から中規模なダム湖まで、幅広い用途に利用できます。